カテゴリー別アーカイブ: FX スワップ

FXでスワップを狙う事はいい事なの?

FX初心者の方が気になることの一つにスワップがあるのではないでしょうか。このスワップを目的にFX取引をやってみたいと感じる投資家が非常に多いです。スワップは通貨取引をしなくてもお金をもらうことが出来る、通貨を保有しているだけだから金融知識が無くても大丈夫。このような甘い言葉に誘われて為替取引に参加しようと思った方は要注意です。何故ならスワップを狙う事にもリスクはあるからです。このリスクを知らずに行ってしまうと、損をするだけになってしまうかもしれませんね。


スワップはどのようにして生まれる利益なのか

これは各国通貨の金利差によって生まれる利益です。各国の通貨はそれぞれ金利が違います。例えばトルコ通貨であるトルコリラの金利は13.0パーセントになります。一方日本の金利は0.5パーセントになります。同じ通貨なのにここまで金利が違うのです。通貨の金利は政策金利によって決まります。
しかしなぜ国は金利を高くする必要がるのでしょうか。その一番の理由は外貨を獲得するためです。アメリカやヨーロッパなどの国の通貨は、金利を高く設定しなくても投資家が買ってくれますが、トルコや南アフリカの通貨が誰も買ってくれません。投資家の気を引くためにもわざと金利を高く設定しているのです。つまりスワップを狙うという事は人気ない、いつ下落するか分からない通貨をずっと保有する事を意味するのです。これはリスクがあることだと思いませんか?


FXは通貨取引で稼ぐことが王道

FX取引は通貨取引で稼ぐことが王道です。金利差による利益を狙うためにFXに参加することは少しもったいないです。なぜなら通貨取引でしっかりとお金を稼ぐことが出来る制度が整っている投資であるからです。レバレッジなどもその一つです。
お金を稼ぐのに楽な道はありません。しっかりと取引して利益を得ていく。この考え方が投資をするうえで一番大事なことなのです。楽して稼ぐ方法ばかり考えてしまった時は、すぐに考え直してください。為替に関する知識を身に着けて、勉強もしっかりとする。長期間利益を稼ぐプロトレーダーになるためにはこれは必要不可欠です。

初心者におすすめするFX

これからFXを始めたいと思っている初心者の方に向けて、我が党はスワップを利用した取引をおすすめいたします。
FXを勉強すればするほどわかることですが、破産してしまうようなことは滅多にありません。
デモトレードを少しだけやって、本番でいきなりレバレッジを25倍にして取引してしまうようなことが無い限りは、安全にすることが出来ます。


FX初心者はまずスワップから

スワップとは、金利差のことです。
初心者の方がやってしまいがちな失敗が、デモトレードで上手くいったからといって本番でいきなりレバレッジを何倍にもして安そうな外貨を買ってしまうことです。
外貨を安く買って高く売る方法は、日本円と外貨がどちらも常に変動しているため、ちょっとしたニュースで赤字になってしまうことがあるからです。
それに対して金利の場合は、日本の金利が0.1%で一定なので安定した取引ができるのです。


スワップポイントが一番大きい国を狙え

スワップポイントとは、2国間の金利差のことで、この取引はここの差が大きい国の外貨を買っておくことが目標になります。
例えば、南アフリカのある国の金利が4%だったとします。
その国の外貨を買っておくことで、2国間の金利差である3.9%のスワップ金利を得ることができます。
このFXは毎日お金が増えていくので、コツコツ貯まることが楽しくなります。

FXはデモトレードで鍛えてから本番へ

いきなり投資の世界へ飛び込むのは無謀なので、初心者は少し練習をしてから本番へ行きませんか?
今はFX業者の中にシステムトレード・デモトレードシステムを設けている場所がありますから、そちらを利用してみてはいかが。
どんなふうに取引が行われるのか、あの用語はどんなときに出てきて使うものなのか、理解することが出来るのでオススメですね。
FX初心者にはぜひとも活用していただきたいものですが、少しずつ慣れてきた人にも活用していただきたいですね。


FXの練習はどのくらいすればいいですか?

練習をどのくらいすればいいですか?という質問を見かけたりしますが、それは個人差があるかと思います。
中には数回の練習でFXの本番へ行ってしまう人もいますし、きちんと理解するまで練習している人もいますからね。
一番いいのは、自分がきちんと理解して流れをつかめるまでFXの練習をすることではないでしょうか?
焦らず自分のペースで進めていけばいいので、まずは基礎をしっかり固めてから本番へ挑みましょう!


練習では成功しやすい?

練習ではあんなにも勝っていたのに、本番では負けっぱなし・・・なんて言って困っている人もいるのではないでしょうか?
実は、FXのデモトレードは成功しやすく出来ていると言われていますので、仕方のないことなのかもしれません。
レバレッジやスワップについても練習で学んで、取引で使えるように準備しておきましょう!

FXの通貨比較で注意したい事

FX取引には、米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円あるいはシンガポールドル/円などその数は非常に多く、各通貨比較でも買値と売値の差であるスプレッド幅が異なり、かつ値動きの激しいもの、緩やかなものまで様々です。取引慣れした人にとっては値動きの激しい通貨ペアや外国通貨ペアなどで、大きい利益を狙うことも可能ですが、取引に慣れていない人にとっては、売買管理が難しいので最初は、円、米ドル、豪ドル、ユーロなどの親しみのある通貨ペアで取引を行い、経験と知識を積んでくるにつれて、他の通貨ペアへと手を広げて行くことがお勧めです。


<通貨ペアによって状況は大きく異なります>

FX通貨ペアのリアルタイム値動き表を見ていると、買値売値が目まぐるしく変化している事が分かります。通貨ペアの比較でも時間によっては、余り値動きのないもの秒単位で変化するものなど、変化に富んでいます。FX会社によっては、各国通貨のチャート比較を、同一画面上に表示してあるものがあり、例えば、平成26年7月初めの通貨ペアチャートでは、米ドル/円やユーロ/円通貨ペアは安値圏で低迷していますが、ポンド/円通貨や豪ドル/円通貨は高値圏で推移しているなど、通貨ペアによって状況が大幅に変わっています。これらの情報は売買タイミングを図る有用な資料であり、FX会社を選ぶ比較材料としても見逃せない要素です。

FXは初心者でも安心して出来る

FXは初心者でも安心して始めることが出来ますが、最初にルールを覚えたり練習することが必要になります。
それが少し大変かもしれませんが、慣れてしまえば大丈夫なので最初だけはしっかり基礎を固められるように頑張りましょう!
スワップやスプレッドなどの用語が出てきますから、最低限覚えておくべき用語だけは覚えておくようにして。
それ以外の用語は、取引を積み重ねていきながら覚えていけば大丈夫なので怖がったり不安に思わなくて平気ですよ。


FXに慣れるまでにどれくらい?

FXに慣れることが先と言われても、一体どのくらいで慣れていき始めるのか分かりませんよね?
個人差があるので断言することは出来ませんが、早い人だと3か月~半年ほどで慣れ始めてくるのかもしれません。
ただ、無理をして早く覚えようとすると失敗してしまったりするから、慌てずに自分のペースで進めていくのがベスト。
他の人がどのようにして進めているのか調べてみるのもいい事なので、最初は見習ってみるのがいいかも。


利益を何に使う?

FXで得た利益は、自分の好きなことに使うのがいいと言われていますので自由でいいと思いますよ。
ちょっとした旅行へ行くとか、美味しいものを食べるとか好きなものを買うとかなんでもいいみたいです。
ただ、ギャンブルに使うのは良くないと言われているから、それだけは避けるようにしてもらえればと思います。

FXの売りから始めるって仕組みはどうなっているの?

FXでは外貨を売買することがワンセットになっている投資です。必ず売った外貨は買わねばなりませんし、買った外貨は売ることで手放す必要があります。しかしFXでは何も持っていない状態から売りに出し、買い戻すこともできるという点から、FXでは相場が値下がり傾向にあっても利益を作りやすいと考える人もいるそうです。


FXの売りから入る、とは、借りるということ

持っていないものを売るというと、違和感を抱く人も多いかと思います。しかしこれは、売るときに一度、借りると考えればいいそうです。お金を返す条件に、借りたときの通貨で返すという条件があります。そのため、外貨の価値が低いときに先に借りて売り、改めて買うことで、差額分の利益は生まれるということです。ただし、価値が上がってしまった場合には、損が出るということになります。


相場が上がるなら買う、下がるなら売る

FXでは、安く買って高く売ることが、利益を作るために最も近い道といわれています。しかし、システムで表示されるBUY、ASKというのは業者から見た状態となりますので、ASKが買い値、BUYが売り値となります。売りたい人はBUYの価格を、買いたい人はASKの数字が価格です。最初は混同しやすいかもしれませんが、間違えると大きなマイナスになりかねませんから注意しましょう。スワップ金利なども表示は業者で違うので、デモ機能などで試してみるといいでしょう。

あなたのFXトレードスタイルはどのタイプ?

FXにはトレードを行う上で、売買を確定させる期間によってトレードの特徴があるそうです。空いている時間に直ぐに始めることができるFXの特徴や、トレード方法のメリットとデメリットを把握して、自分に損失の少ない方法を探しましょう。


FXを一日ごとに取引終了するのはデイトレード

株の投資でも、デイトレという言葉を耳にしたことがあるかと思いますが、一日ごとに売買を確定するのが、デイトレーダーと呼ばれる短期売買です。この場合にはできるだけレバレッジを高く設定し、短い時間帯で、利益をできる限り多く上げていく傾向が強いと言われています。デイトレードよりも短いものでは、秒単位でチャートを先読みし、売り買いを次々に確定させるスキャルピングという売買もあるそうです。


数週間単位のスイングトレード、長期のポジショントレード

スイングトレードというのは最長で一ヶ月程度のトレードを行う方法です。相場は一日ではなく数週間単位で価値が変わる、元に戻ることも多いと言われており、長いトレンドのある通貨を選ぶ人が多いそうです。ポジショントレードでは年単位で売買を行うことも珍しくないと言われおり、年単位で通貨ペアを保有している場合には、スワップポイントでの利益も大きくなると言われるそうです。

FXトレードを何時に行うと利益を出しやすいの?

FXは空いている時間に、何時でもトレードができるというのがおおきな魅力なのだと言われるそうです。株式市場は午後3時には閉まってしまうなどの条件がありますが、世界のバーチャル市場を動いているFXであれば、深夜でもトレードが行えるからです。


FX初心者が投資しやすい時間はある?

FX初心者であれば、できるだけ投資を行う上でリスクの少ないところを選びたいと思うのは当然のことかと思いますが、FXの特徴である世界のバーチャル市場を動くという点から、一般的にはアジア市場と呼ばれる時間帯の投資が、初心者には向いているそうです。これは個性の強い、予測しにくい値動きが少ないと言われる市場で、日本時間では朝の8時から開始されます。


ヨーロッパ市場、NY市場は癖も強い

ヨーロッパ市場やニューヨーク市場では、大口の投資家が多いことなどから、為替の動きが激しくなることが多いと言われているそうです。日本時間ではちょうど仕事をしている人がトレードをしやすい22時から24時にあたる時間帯になるのですが、アメリカが発表する経済指標などでも大きく変動を繰り返すとも言われているそうです。ちなみにこのニューヨーク市場は最後の市場となるため、ここをまたぐことでスワップポイントがつきます。

FX初心者が気軽にできる投資、バイナリーオプション

FXでは外貨為替相場で売買を行い、差額を利益として得るのですが、もっと簡単な投資方法が注目を浴びています。バイナリーオプションという単純な投資方法で、専門知識が少なくてもいいそうです。スワップポイントなどを利用して長期トレードを行うには、世界の経済に関する知識や、値動きを分析する必要がありましたし、FXには常に証拠金が割れてしまうリスクがあったのですが、このようなリスクもないと人気が高まっているそうです。


FX初心者が1000円でできる投資

FXでは基本的に、外貨の値上りや値下がり、日本円の円安、円高を予測して売買を行います。このシステムをもっと簡略化したものが、バイナリーオプションです。数分後、数時間後など、業者の設定した時間に円安か、円高か、どちらに値が動いているかを予想するだけです。この投資は、1000円で直ぐに投資ができることや、その場で直ぐに利益を確定するという方法なので、ずっとチャートを見ている時間のない人にも気軽にチャレンジできるものです。


当たったら倍に、外れたら1000円マイナスに

バイナリーオプションは、FX業者が決めたタイミングに、値がどちらへ動くかを予想したらおしまいです。一度に1000円がかかりますが、当たれば2000円に、外れると1000円は業者の儲けとなるそうです。この投資は回数の多いところでは5分に1度参加できるという会社もありますから、長期的なトレードは興味がないけれど、投資をしてみたいという人にはぴったりなのだそうです。

FXの外貨ペアはどう選ぶといいの?

FXでは外貨をペアで売買し、金利の差額から利益を得る方法をスワップポイントなどと呼んでいます。この金利差はFX業者でも異なるので、長期トレードで金利の利益を出したい場合には、できるだけ手数料のかからないところを選ぶ、金利差の少ない業者を選ぶなどのコツがいると言われるそうです。


FXの外貨ペアで気を付けることは?

オーストラリアドルやアメリカドルなど、世界に多く流通しているものをメジャー通貨といいます。ヨーロッパで利用されるユーロなども、このメジャー通貨です。FX初心者はできる限り、情報が得やすいとされる、このメジャー通貨をペアに選ぶといいそうです。もっとも有名な組み合わせでは、アメリカドルとユーロの組み合わせがあります。情報は多くの場合、英語となりますが取引を行う人口が多いことから、過去のデータや今後の情報も得やすいというのは大きなメリットです。


中国通貨は一部で金利がマイナスに

中国通貨の人民元を扱うFX業者も増えているそうです。これは中国市場がどんどん拡大していることから見られる傾向なのですが、中国では国が人民元の暴騰を防ぐために、CNYと呼ばれる人民元の流通を制限しています。そのため、ロールオーバーしてしまうことで、強制的にマイナスを取られてしまうのです。これは市場の動きには関係のないものですが、マイナー通貨を扱う場合には、このような例外的なマイナスがかかることもあるそうですから、注意しましょう。