あなたのFXトレードスタイルはどのタイプ?

FXにはトレードを行う上で、売買を確定させる期間によってトレードの特徴があるそうです。空いている時間に直ぐに始めることができるFXの特徴や、トレード方法のメリットとデメリットを把握して、自分に損失の少ない方法を探しましょう。


FXを一日ごとに取引終了するのはデイトレード

株の投資でも、デイトレという言葉を耳にしたことがあるかと思いますが、一日ごとに売買を確定するのが、デイトレーダーと呼ばれる短期売買です。この場合にはできるだけレバレッジを高く設定し、短い時間帯で、利益をできる限り多く上げていく傾向が強いと言われています。デイトレードよりも短いものでは、秒単位でチャートを先読みし、売り買いを次々に確定させるスキャルピングという売買もあるそうです。


数週間単位のスイングトレード、長期のポジショントレード

スイングトレードというのは最長で一ヶ月程度のトレードを行う方法です。相場は一日ではなく数週間単位で価値が変わる、元に戻ることも多いと言われており、長いトレンドのある通貨を選ぶ人が多いそうです。ポジショントレードでは年単位で売買を行うことも珍しくないと言われおり、年単位で通貨ペアを保有している場合には、スワップポイントでの利益も大きくなると言われるそうです。