FXの売りから始めるって仕組みはどうなっているの?

FXでは外貨を売買することがワンセットになっている投資です。必ず売った外貨は買わねばなりませんし、買った外貨は売ることで手放す必要があります。しかしFXでは何も持っていない状態から売りに出し、買い戻すこともできるという点から、FXでは相場が値下がり傾向にあっても利益を作りやすいと考える人もいるそうです。


FXの売りから入る、とは、借りるということ

持っていないものを売るというと、違和感を抱く人も多いかと思います。しかしこれは、売るときに一度、借りると考えればいいそうです。お金を返す条件に、借りたときの通貨で返すという条件があります。そのため、外貨の価値が低いときに先に借りて売り、改めて買うことで、差額分の利益は生まれるということです。ただし、価値が上がってしまった場合には、損が出るということになります。


相場が上がるなら買う、下がるなら売る

FXでは、安く買って高く売ることが、利益を作るために最も近い道といわれています。しかし、システムで表示されるBUY、ASKというのは業者から見た状態となりますので、ASKが買い値、BUYが売り値となります。売りたい人はBUYの価格を、買いたい人はASKの数字が価格です。最初は混同しやすいかもしれませんが、間違えると大きなマイナスになりかねませんから注意しましょう。スワップ金利なども表示は業者で違うので、デモ機能などで試してみるといいでしょう。